最終更新日:2017/12/15

女性の薄毛・抜け毛とカラー・パーマなどの薬剤について記事一覧

ヘアカラーが薄毛を進行させる?頭皮にとってカラーはあまり良いものではないんです。ヘアカラーが薄毛の進行させるのではと疑問や関係性は皆さん気になりますよね。実際、カラーをしてから薄毛が進行した、髪が細くなったと感じる方はたくさんいます。髪にカラーをすると髪のメラニン色素を破壊し、内部の構造がを変化することで髪は痩せていきます。もちろん頻度や期間によってダメージも変化します。カラー液の経皮毒についてカ...

生え際が薄い女性が、カラーリングをすることで、抜け毛が余計増えてしまう恐れがあります。生え際が薄いということは、今ある髪の毛も細く痩せてしまっていて、カラーの刺激に耐えられないからです。しかし、どうしてもカラーをやらなきゃいけない。例えば、白髪のせいで余計地肌が透けて薄く見えてしまうなどの理由がある場合、アルカリを使わないカラー剤や自然性のカラー剤、また地肌に直接塗布しないテクニックを駆使してもら...

薄毛の状態でパーマをかけてしまうと、抜け毛や切れ毛を今以上に増やしてしまい薄毛を悪化させてしまいます。パーマは髪の毛が結合するのに約1週間かかり、その間のリスクはかなり高いです。おそらくボリュームがほしいためにかけると思うのですが本末転倒です。一時的にパーマをかけても、すぐにパーマがとれてしまいます。しかし、その一時的なボリュームに期待し、高い頻度でパーマをかけ続けていくと、どんどん強めになってい...

パーマやカラーリングを施術した当日は綺麗になって喜ぶと思うのですが、実はそれらの負担は翌日から現れます。施術当日は美容室でいろいろアフターケアをしてくれ髪の毛の負担を抑えます。しかし自宅に戻ってっからは自分でケアをすることになります。例えば打撲をした当日と言うのはあまり痛みを感じないことが多く、その翌日から痛みが酷くなるというように髪も翌日からジワジワとダメージが出てきます。つまり、薄毛を余計に酷...

「デジタルパーマは間違いなく薄毛・抜け毛を悪化させます」デジタルパーマは髪を加温することでパーマをかける方法です。また薬剤も通常のパーマ液よりも強めで、ロッドによる引張の力も加わるため髪のダメージが高い種類の一つです。薄毛を発症し髪が細くなっていたり、抜け毛が気になっている(毛球が小さく弱っている)女性にはとても刺激の強すぎるパーマなので、おすすめできません。

頭皮にやさしいヘナカラーや白髪染をしたいけど、薄毛や抜け毛が気になったり、薬剤アレルギーでできない方がいらっしゃいます。そんな方には天然染料のヘナをご紹介します。インドで古来より伝わる伝統医療アーユルヴェーダではその中で、頭皮・髪を治療する目的でヘナが使われます。頭皮を健康に促し、髪自体もハリ・コシを取り戻させ、髪本来の姿に戻してくれます。ヘナに含まれるローソニアという成分が頭皮に浸透し、フケやか...

薄毛を発症していると、髪は細く痩せます。そこへ、一番強力な縮毛矯正の薬剤を塗布するだけで、髪が縮れ上がる恐れがあります。また、髪と薬剤が科学反応で気化した成分が、地肌に悪影響を与え、それが原因で髪が抜ける可能性も高いです。そうしてますます薄毛が進んでしまうリスクがあります。縮毛矯正を何年もやり続けることで、頭皮が薄くなるケースもあります。

薄毛を発症している方が、ブリーチをするということは、頭皮や髪の毛に自ら大ダメージを与えているのと同じ行為です。施術をすると髪の毛が死滅してしまいます。ブリーチは髪のメラニン色素を分解します。そのため、髪の中にあるタンパク質成分までも分解してしまいスカスカな状態になってしまいます。つまり、髪の中身をとってしまい別の色味を入れやすくしたり、明るさを楽しむためのものです。そして頭皮もタンパク質でできてお...