最終更新日:2017/12/15

ヘアカラーが薄毛に与える影響

 
ヘアカラーが薄毛を進行させる?

美容室

頭皮にとってカラーはあまり良いものではないんです。

ヘアカラーが薄毛の進行させるのではと疑問や関係性は皆さん気になりますよね。実際、カラーをしてから薄毛が進行した、髪が細くなったと感じる方はたくさんいます。

 

髪にカラーをすると髪のメラニン色素を破壊し、内部の構造がを変化することで髪は痩せていきます。もちろん頻度や期間によってダメージも変化します。

 

カラー液の経皮毒について

カラー液には経皮毒が入っていると言われています。この経皮毒(けいひどく)とは、「皮膚から有害性のある化学物質が吸収されること」なんだそうです。

 

今現在、美容室で普通にカラーがなされているのは、この経皮毒の科学的な裏付けがないからなんですね。カラーでジアミンアレルギーなどを起こすように、人それぞれの体質の影響でもありますがまったく無害ともいいきれません。

 

カラーをしたいけど、薄毛が気になったり薬剤アレルギーでできない方に天然染料のヘナを紹介します。このヘナで髪を染めることが可能なんですよ。薄毛の髪のトリートメントにもなりますし、髪にハリ・コシがでてきます。白髪染めにも利用できますよ。

 

天然ハーブ「ヘナ」の詳細ページへ
 

パーマが薄毛に与える影響

 

パーマをしているから薄毛が進行しているか?、薄毛だけどパーマしても平気かな?など、パーマの髪や頭皮にあたえる疑問や関係性も気になりますよね。

 

パーマ液は除草剤につぐ猛毒とも言われていたり、カラー液同様、経皮毒の影響があると言われます。その影響からかパーマをかけてから髪が細くなって、薄毛が進行したと実感する方もいらっしゃいます。

 

薄毛が気になりパーマをかけてボリューム出したいのでしょうが、頭皮や毛根から健康な髪を育てていこうと考えたら、いつかパーマもカラーも諦めなければならない時がくるでしょう。もしかしたら薬剤アレルギーによってできなくなるかもしれません。

 

まとめ

パーマは、カラーに比べて髪に対するダメージは少ないですが、やはり薄毛の原因になりえます。まず、そのリスクを知っておくことも大切です。薄毛対策として、パーマを利用するのではなく、まず、頭皮環境を整える事が必要です。当サイトで紹介している、頭皮ケアを実践してみてくださいね。