最終更新日:2017/12/15

特に薄毛女性に注意してほしいパーマやカラーリングの翌日

 

特に薄毛女性に注意して欲しいパーマやカラーリングの後日

パーマやカラーリングを施術した当日は綺麗になって喜ぶと思うのですが、実はそれらの負担は翌日から現れます

 

施術当日は美容室でいろいろアフターケアをしてくれ髪の毛の負担を抑えます。しかし自宅に戻ってっからは自分でケアをすることになります。

 

例えば打撲をした当日と言うのはあまり痛みを感じないことが多く、その翌日から痛みが酷くなるというように髪も翌日からジワジワとダメージが出てきます。つまり、薄毛を余計に酷くしてしまう原因になるので、そのリスクと、リスクを減らす方法をまとめてみました。

 

どうしてもパーマやカラーをしたい方のダメージしない施術方法

 

パーマはできるだけ避けたほうが良いです。

 

薄毛にパーマをかけるとうことは、ダメージによる抜け毛を増やす恐れもありますし、そもそも元が少ないのでパーマをかけても大したボリュームアップにはなりません。ボリュームを出そうと、強めのパーマをかけるとさらに抜けます。

美容師

 

カラーリングは、できるならばヘナや和漢、マニキュアなど直接頭皮に影響のないものを使用することをおすすめします。通常のおしゃれ染めの場合、アルカリ性のカラーリングしかありませんが、それですと元の髪が細くなっているので色が定着せず色の抜けが早いです。

 

あっという間に金髪のような感じになります。そして髪、地肌のダメージは大きいです。カラーやパーマをやるのであれば、行きつけの美容師に相談するのが一番です。

 

 

薄毛女性の髪質とパーマ・カラーによるリスク

薄毛の髪の質というのは細く痩せており、さらに髪の中の成分が不足しています。そのような毛に薬剤処理をすること自体リスクがあると思ったほうが良いです。

 

髪の成分が不足しているところへパーマやカラーをすると、更にその栄養素が抜け出し髪自体スカスカな空洞の状態となります。もちろん、薄毛の場合、頭皮も弱っているので薬剤の影響を強く受けます。

薬剤の影響

パーマやカラーには必ずアルカリ剤が含まれています。それは髪を分断や膨潤させたりするのに欠かせない成分。この作用があることでパーマによる髪の形を変えたり、トーンを明るくしたり、本来の黒髪とは違うヘアスタイルが楽しめます。

 

しかし、このアルカリ剤は髪のダメージを大きくしてしまいます。残留アルカリと言って1ヵ月程度はこの成分が垂れ流し状態になります。その間髪の毛は本来の機能を十分に果たしません。また弱った髪にこれらの薬剤を塗布することでその刺激に耐えられなくなり髪が縮れてしまうこともあります。

パーマは定着に1週間かかる

薄毛にパーマをかけることでダメージが大きくなります。さらにパーマが定着するまでの時間は1週間程度かかります。その間、髪が結合しておらずキレやすい状態です。

 

また地肌もタンパク質でできているためパーマの影響で細胞組織が断裂してしまいます。それも結合までに1週間。つまり、この期間は髪が切れやすく抜けやすいです。

カラーリングの残留アルカリは1ヶ月

カラーリングは染めてから1ヶ月間アルカリの作用によってキューティクルが開きっぱなしになります。そして根本についた薬液は皮膚も膨潤させます。それを残留アルカリと呼ぶのですが、この間髪や頭皮は痛み続けます。

 

薄毛を発症しているならばそのダメージはより深刻なものとなります。また年齢も重ねるにつれて頭皮の新陳代謝が鈍るので一度ダメージしてしまうと回復まで時間がかかってしまいます。

まとめ

薄毛を発症しているときはパーマやカラーなど薬剤を使用することはあまりおすすめしません。ただし薬剤の中でも頭皮に優しい水パーマやカラーで言うとヘナや和漢は大丈夫です。ただそれを取り扱うお店は限定されてしまいます。

 

その他の対処としてはコテやカーラーで自分でセットしたほうがはるかに良いです。でも育毛も同時進行しないといつまでも薄毛は良くなりません。

 

薄毛を心配するのであれば、まず頭皮を健康にすることが先決です。まずは、自分で継続してできそうな頭皮ケアを見つけてチャレンジしてみましょう。