最終更新日:2017/10/15

シャンプーは皮膚である頭皮を洗うことが大事

シャンプーの本来の目的

 

髪を洗うのではなく、皮膚である「頭皮」を洗う(スキンケア)

 

薄毛対策での正しいシャンプーの方法

 

頭皮は代謝が良いので、皮脂の分泌や汗腺の働きも盛んです。しっかりとしたスキンケアが抜け毛予防になり、結果として薄毛対策になります。髪の汚れはお湯で洗い流すだけでほとんどが落ちますので、ゴシゴシ洗う必要はありません。

 

 

髪の洗いすぎは良くない

 

薄毛や抜け毛に悩む女性に多いのが「髪の洗いすぎ」です。洗いすぎると乾燥してフケが出やすくなります。

洗いすぎによる悪いサイクル

 

皮脂膜を取り過ぎる⇒返って脂っぽくなる⇒気持ち悪いのでさらに洗う

 

抜け毛の原因

 

美容のプロが教える「2分30秒」でわかる正しいシャンプーの方法

 

理学博士が教える抜け毛を予防するシャンプーの方法

「1分30秒〜3分45まで」が必見です。

おすすめシャンプーグッズ

 

少し硬そうですが、実際はやわらかく優しく爽快感が素晴らしいです。優しくゆっくりマッサージもできるので、しっかりと頭皮洗浄できます。

 

女性に多い、爪を伸ばしていたり、ネイルケアをしている女性は、頭皮がうまく洗えていない可能性があります。この商品は、爪が長い方でも利用しやすいハンドルタイプです。ぜひ、こういったグッズの利用をおすすめします。

普段のシャンプーが薄毛を引き起こす?

正しいシャンプー

私たちは何気なく生まれた時からの生活習慣で、自然に髪や体を石鹸で洗っています。もしそれが、あなたの髪の薄毛の原因だったとしたら?

 

特にシャンプーは重要です。色々な種類がありますが、ここでは3つに分けてその特徴や効果などを紹介します。

 

石油系シャンプー(高級アルコール)

一番流通が多いのはドラッグストアや量販店で販売されている価格の安い石油系シャンプーになると思います。石油系シャンプーには洗浄能力のが強く、しっかり汚れを落としますが、その成分がアトピーやアレルギーを引き起こしこともあります。また、合成界面活性剤は毛根の中にまで侵入することで薄毛の原因にもつながります。

 

アミノ酸系シャンプー

美容院などで販売されているアミノ酸系シャンプーは頭皮・髪を洗浄能力の弱い力で洗います。肌にやさしいというメリットがありますが、シリコンなどトリートメント成分を洗い流せないというデメリットもあります。皮膜系のトリートメントを使っていると、この皮膜がな何重にも重なり髪が重く、クセが強くなる傾向があります。

 

【マイナチュレシャンプー】の効果は?レビューと評価

 

石鹸シャンプー

自然派志向の人が使う石鹸シャンプーはバランスのとれた洗剤なのですが、洗いあがりの髪がガシガシとした手触りが悪くなります。あなたが使っているであろうシャンプーの説明をしました。あなたの抜け毛を治したいのであれば、この3つのシャンプーは別に必要ありません。使うことにより、マイナスの要因しか働かないです。

 

シャンプーについての姉妹サイトもおすすめ

ベテラン美容師が選ぶ頭皮トラブル対策におすすめの無添加シャンプー

 

髪や頭皮はお湯洗いで十分?

頭皮をお湯で洗うだけでも皮膚常在菌は80%洗い流されます。さらに皮膚常在菌は合成界面活性剤で洗えばすべて洗い流されてしまい。再び体全体を覆うのに費やす時間は10時間以上ともいわれています。

 

さらに殺菌剤(パラベン)など薬用の殺菌成分が入っていればこの皮膚常在菌は死滅してしまいます。それは半日以上この菌が皮膚上にいないことを意味しています。

 

お湯洗いであれば2,3時間後には全部復活しています。しばらくお湯洗いをしてみませんか?それだけであなたの頭皮環境はが改善されます。試してみてはいかがでしょうか。