最終更新日:2017/10/15

女性の抜け毛と薄毛のQ&A

 
産後に抜け毛が増えました…治療しなくても大丈夫ですか?

産後から1年後には元に戻ります。

産後の抜け毛は出産経験者のほとんどの人が経験します。この時期はお肌もカサカサになりやすいんです。原因は女性ホルモンのバランスの急激な変化によって起こる症状なんです。また、ホルモンの変化で妊娠中抜けるはずだった髪が、産後ホルモンバランスがもどることで一気に抜けることもあるんです。

 

抜け毛のピークは産後2、3ヶ月から半年ほどで、1年も経つと元に戻りますよ。しかし、産後は自己免疫疾患などが出やすい時期でもあり、1年以上経過してまだ症状が改善しない場合は医師の診断を受けましょうね。

 

 
 
女性の薄毛は遺伝するって聞きました・・本当でしょうか?(20代女性)

遺伝の可能性もありますが、極めて薄いと思われます。

昔から、薄毛は遺伝すると言われています。実際に両親が髪が薄いとその子供も薄毛になるといわれたり、隔世遺伝の話も良く聴きますね。薄毛の遺伝の関係性は、母親の遺伝子X染色体にある男性ホルモンが大きな鍵をにぎるといわれています。優性遺伝と劣勢遺伝の要因も考えられており、優性遺伝で子孫が薄毛を伝承するとも考えられています。

 

また、ドイツ大学の発表によれば、X染色体にある男性ホルモンの遺伝子に異変があったと報告されています。この報告が正しければ、母方の祖父から隔世遺伝するということが証明されるそうです。いずれにしても薄毛の遺伝についてはまだ未知の部分が多く、完全に解明されていません。

 

女性で若くして髪が薄い方は少なからず遺伝の影響も考えられますが、可能性は極めて低いのが現状です。また、薄毛の遺伝子を持っていたとしても、不規則な生活をしてホルモンバランスを崩さなければ薄毛を予防することは十分可能です。

 

詳しくはこちらのサイトをどうぞ

女性の薄毛は遺伝するって本当?

 
 
最近、毛が細くなってきました(30代女性)

毛が細くなる要因は加齢によるものが大半です

頭皮の老化により本来なら強く、太く成長していた毛髪が、30代をピークに更年期に向けてその折れ線グラフは降下していきます。人の体力と同じように髪もやはり衰えてくりことから、毛が細くなる要因は加齢によるものが大半です。

 

また、カラー・パーマによる髪のダメージも毛が細くなる要因でもあります。こちらも加齢と同じように大半をしめる要因でしょう。特に縮毛強制は髪にかかる負担は大きく、デジタルパーマ(HOT系パーマ)なども同じです。カラーとの併用でこのダメージはもっと進みます。どれも髪の中の細胞を分解する施術なので、回数を重ねる毎に髪の栄養分はなくなり髪は細くなります。

 

 
 
内服の女性用育毛剤はどうなの?

発毛の効果より、リスクの方が高いような気もします。

女性用育毛剤は内服薬は、毛髪再生医療に特化した病院でもらいましょう。あなたのお悩みがどこまで深刻化わからないですが、内服薬をおすすめできません。薬の内容成分には女性用に副作用のある「ミノキシジル」が混入しており体毛まで濃くなった事例もあるそうです。

 

薄毛を体の内側から改善するには、サプリがおすすめ

女性の薄毛を改善する育毛サプリメント

 
 
女性の薄毛は病院や皮膚科に行くべきですか?(40代女性)

専門医に自分の症状を的確に診断してもらうのは良いことです。

薄毛や脱毛は症状によって治療方針も薬も変わってきます。また、あなたの生活習慣やヘアケアーを伝えることで適切なアドバイスがもらえます。当たり前ですが、専門医でしかわからないことがたくさんあります。お金を払って診てもらうんですから、疑問や質問があればどんどんぶつけましょう。

 

女性には、敷居が高く感じられかもしれませんが、「植毛クリニック」という選択をおすすめします。女性も利用される方も多く、無料カウンセリングや、写真カウンセリングなども利用できます。植毛という選択ではなく、ヘッドスパなどで頭皮環境を整えたり、女性用内服薬での治療も選択できます。

 

詳しくはこちらのサイトをどうぞ

人に聞けない女性のための自毛植毛ガイド