最終更新日:2017/12/15

分け目の薄毛 改善テクニック

分け目の薄毛

分け目と言うのはどうしても、そこで髪が寝てしまうという最悪な癖がつきやすく、薄毛が目立つ箇所と言えます。どうすればいいのかといいますと、分け目の薄毛を隠す対策や癖をつけない予防策として、単純に分け目を1月ごとくらいに変えて行けばいいのです。しかし、実際はなかなかそう簡単にできませんよね。

 

軽く、根元からパーマを当ててふんわりさせるのも手です。分け目に白髪が出てると、特に気になりますよね。白髪は、顔の肌と同じでシミが大きいのがぼん!と出来る人、小さいのがパラパラと出来る人と同じで、大きいシミが出来る人は頭皮も大きいダメージになり、そこが集中的に白髪になります。

 

小さいのがパラパラと出来る人が、色んなところに白髪になるのです。でもそれが分け目に出来ると最悪です。出来るだけ、白髪の塊から遠いところに分け目を作らないと、いつも根元が白いのが気になります。分け目を変えるコツは、つむじの向きになりました。

分け目を変えるコツはつむじの向きにある

分け目を変えるコツ

分け目を変えるコツは、つむじの向きにあります。つむじが右に向いて巻いていれば、右よりの分け目にはすぐになるのですが、左よりの分け目は難しいのです。別に、分け目はまっすぐでなくてもいいのですから、つむじから斜めに目に向いて分けてもいいのです。

 

また、左巻きの人は左よりの方が癖がつきやすいです。自分のつむじの向解からなければ、誰かに見てもらいましょう。髪が多い人というのは、立って生えているのでつむじが解からない事が多いので、身近な髪の多い人のつむじを探してみましょう!

 

髪が寝ている人はどうしてもつむじの向きがきつく、髪が寝て生えてしまっており、どうしても分け目やつむじがぺちゃんこになりやすいです。その寝てしまっている髪に、油がつくともう最悪です。抜け毛や薄毛の原因にもなるので頭皮の油を貯めないようにしっかりケアしましょう

ここぞという時は、ウィッグがおすすめ

 

女性,分け目,薄毛,改善

急に着物を着なくてはいけなくなった時は、分け目だけのウィッグをつけてみてもいいでしょう。やはり、着物の時は髪がないとかっこよくありません。さらに、結婚式や同窓会など、ここぞという時はウィッグをおすすめします。

 

しかし、ウィッグが日常化してしまうと分け目の髪がますます薄くなるので気をつけましょう。そして、ますます自分の髪が寝てしまいます!あくまで、自分の髪を増やすのです!応急処置として使いましょう。

 

つむじの薄毛について