美容師おすすめ!女性のための薄毛対策用シャンプー

シャンプー

40代になったら髪の毛のメンテナンスが重要です。美容室のお客さんにもいつも言っています。40代にしっかりとメンテナンスをしておけば、50代60代の時に、10才若くみえるなんて事もあります。

 

「でも、髪のメンテナンスと言ってもどうしたらいいのか分からない」という方もいますよね。まずはシャンプーを見直す事が必要です。30代後半から40代にかけて、抜け毛が増えたと感じているのであれば、すぐにシャンプーを変える事をおすすめします。

 

美容師がおすすめするシャンプーを紹介し、薄毛対策用のシャンプーがどうしてノンシリコンがいいのかを解説します。

 

ベテラン美容師がおすすめするシャンプーベスト3

薄毛対策シャンプーとして絶対に外せない3箇条

シリコン剤不使用
石油系界面活性剤不使用
着色料・香料・パラベン不使用
マイナチュレシャンプー

無添加ノンシリコンシャンプーだけどきしみがない

 

マイナチュレシャンプー

育毛剤にも同じシリーズがある「マイナチュレ」のノンシリコンシャンプーです。きちんと汚れを落とし、頭皮や髪のダメージを抑えるケアができるのに無添加。アミノ酸シャンプーは泡だちが悪いと思っていた人も驚く泡だちの良さ。最近パッケージと共にリニューアルされました。

 

髪の事を知り尽くした企業だから安心しておすすめできます。実際の愛用者の声では「抜け毛が減った」という喜びの声が多く、無添加なので頭皮に負担がかかるものは一切入っていないのでリスクがありません。

 

シャンプー、コンディショナー共に1本あたり同じ価格ですが、モニターキャンペーンで2本セットで6,229円(税込)で購入できます。もし頭皮に合わなかったら返品ができる返金保証が付いているので、女性で抜け毛で悩んでいる方は試す価値がある商品です。

 

シャンプー(200ml)、コンディショナー(185ml)1本あたりの価格

通常価格

定期購入

3,629円

送料750円

3,115円

送料無料

 

※税込価格

マイナチュレシャンプー公式サイト

haru黒髪スカルプ・プロ

100%天然由来のエイジングケアシャンプー

 

haruスカルププロ

シリコン・合成ポリマーなどの化学成分は含まれておらず「10の無添加」。頭皮環境が乱れた頭皮によい22種類のエイジングケア成分と、黒髪に欠かせないミネラルを補給します。これまで利用したシャンプーやトリートメントによって蓄積された毛穴の汚れをクレンジングする効果も期待できます。

 

利用者の口コミを見てみると、「髪が太くなった」「髪のボリュームがアップした」「髪にツヤが出た」など、良い効果を感じた方が多く、リンスとコンディショナーが不要なので時短にもなるとママ世代に人気です。

 

30日間の利用で満足出来ない場合は全額返金保証もついています。定期購入はすぐに解約もできるので続けてみたいという方はこちらがおすすめです。

 

シャンプー(400ml)1本あたりの価格

通常価格

定期購入

3,888円

送料無料

3,110円

送料無料

※税込価格

haru黒髪スカルプ・プロ公式サイト

髪美力

佐藤製薬の薄毛・発毛ケアシャンプー

 

髪美力

ユンケルでおなじみの製薬会社である佐藤製薬が作った、ノンシリコン・アミノ酸系のシャンプーです。パラベン不使用、鉱物油不使用、合成着色料不使用で頭皮の刺激が少なく、頭皮環境の改善はもちろん、育毛・発毛促進・抜け毛予防効果が期待できます。

 

2ヶ月ごとの定期購入のシャンプーとコンディショナーと育毛剤のセットがおトク。通常のセット価格14,040円が9,828円(税込/送料無料)で購入できます。様々企業のものをバラバラに使うよりも、こういったセットのものが使い勝手がよくおすすめです。

 

シャンプー(500ml)、コンディショナー(500ml)1本あたりの価格

通常価格

2ヶ月定期

3,780円

送料別

3,780円

送料別

※税込価格

髪美力公式サイト

女性用薄毛対策シャンプーは「ノンシリコン」がおすすめ

女性で薄毛を気にしている方は「ノンシリコン」のシャンプーをおすすめします。一般的に「ノンシリコン」の表示がないシャンプーは、高確率でシリコン入りですので気をつけてください!

 

シリコンはどうしてダメなの?

シリコンは手触りを重視しているだけなので、髪自体に栄養を与えるのではなく、髪に膜を作って手触りを良くします。髪が綺麗になっているのではなく、膜で綺麗に見せかけているのです。

 

細い髪に膜がかかるという事は、髪の一本一本に重みが出てぺしゃんこになるということです。

 

シリコン入のシャンプーは髪がぺちゃんこになる

頭皮のつまりとかさつき

癖毛で髪が広がってどうしようもない人は、逆にシリコンシャンプーをおすすめします。広がりが抑えられるからです。それくらい効果があるのです。ですが、薄毛に悩んでいる人は、まさか髪がぺちゃんこになるシャンプーは使い続けたくないですよね?

 

それに、シリコンシャンプーの膜はなかなか退きません。パーマやカラーが入りにくくなるくらいきついのです。ですから「最近パーマがかかりにくくなった」「最近カラーがよく入らないわ」という人は、シャンプーを変えるというのも1つの手です。

 

また、頭皮に余計な油が溜まっていると毛穴に詰まって、生えてくる髪の邪魔をしますので「クレンジング」と名のつくシャンプーを週に何度かするようにして下さい。余計な油がなくなると綺麗な毛穴になり、そこに育毛剤を刷り込むのでよく栄養が入っていけます。

 

ノンシリコンならなんでもいいの?

ノンシリコンでは髪がギシギシしてしまう方や、クセがあり髪を落ち着かせたいという方にはシリコンはおすすめしたい成分です。そして、シャンプーには他にも刺激を与える成分があります。

 

ノンシリコンだから安全ではなく、それぞれの成分を見て、総合的にシャンプーを選ぶ方がいいと私は思います。

シャンプーのこちらの成分にご注意

 

40代からのシャンプー選びには重要になる、避けて欲しい成分を紹介します。最近、ドラッグストアでも高価なシャンプーが増えており、アミノ酸やビタミン、植物油など様々な工夫がされています。しかし、中には頭皮の刺激になる成分が含まれている事も。

 

刺激が強いので使用は避けたい成分

    シャンプーの避けたい成分

  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ベンジルアルコール
  • イソプロパノール
  • サリチル酸
  • メチルクロロイソチアゾリノン

薄毛対策シャンプーの前に「クレンジング」がおすすめ

頭皮の汚れが気になるのであれば、シャンプーによってはシャンプー前のクレンジングがシリーズで出ているものもあります。そういう商品を使うのもいいと思います。

 

しかし、皮脂は肌を守ってくれているものだという事を忘れてはいけません。頭皮クレンジングを頻繁に行うと、皮脂が少なくなった分をおぎなおうと、皮脂分泌が促され悪循環になります。

 

皮脂は多すぎても少なくてもとダメなの?

皮脂は空気に触れ、酸化することでニオイや炎症の原因になってしまいます。しかし、皮脂が多すぎる状態では、髪はベトベトになり、皮脂をエサとする菌も増えてしまい頭皮トラブルを引き起こします。そのため、適度な洗浄力も必要です。

 

皮脂が少ないと乾燥してしまい、フケやかゆみの原因に。特に、50代以上になると皮脂分泌が減るので注意が必要です。皮脂バランスを整える為にも、年齢にあったケアが必要という事です。

抜け毛に皮脂のかたまりを見つけたら要注意

 

ストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れから頭皮の皮脂が増えてしまって、それが薄毛の原因になっている場合もあります。抜け毛の毛根に油のかたまりがあるようであれば、シャンプーを変えたり、頭皮クレンジングを取り入れるなど日常のケアをこまめに行いましょう。

 

女性用育毛剤は必ずシャンプー後に

 

女性用育毛剤はシャンプー後に使いましょう

育毛剤は毛穴の汚れをしっかり落としてないと毛根に入り込まないので、シャンプーしてからというのが鉄則です。

 

 

 

そもそも、畑を耕していないにもかかわらず、植物を育ててもうまく育たないですよね。それと同じで、頭皮環境が整わなければ、髪が増えるわけがありません。育毛剤の効果を引き上げるためには、頭皮環境の改善が優先です。

 

そして、育毛剤はもちろん、シャンプーも自分の頭皮に合うことが最重要です。毎日使うものなので育毛効果だけでなく、泡立ちや匂い、仕上がりなども大切です。いくら高価で良いシャンプーでも脂っぽい人と、乾燥しやすい人で頭皮に合うか合わないかは変わるので、シャンプー選びは慎重に行いましょう。