最終更新日:2017/10/15

髪が細くなる原因は「外からor内から」

髪が細くなる2大原因

 

シャンプー成分などの外的要因
日頃の生活習慣が髪に害を与える内的要因

私たちの髪が成長するのは、毛球が細胞分裂を繰り返しているためです。しかし、様々な原因によって毛球がダメージを受け、成長を止めてしまうと、細くて弱々しい髪の毛しか生えてこなくなります。

髪が細くなる原因 外的要因:シャンプー

シャンプー成分に問題

髪の毛が細く抜けやすくなるのはシャンプー剤の成分に問題があります。日本のシャンプー文化が普及したのが昭和40年代以降。それから日本人の薄毛の数が増えたともいわれています。

 

その駆け出しとされるのが「朝シャン」。今でこそ1日に複数回のシャンプーは頭皮に良くないということが知られるようになりました。そしてシャンプーに含まれる成分にも問題があることが今注目されています。

髪,細くなる,原因

 

私たち美容師がシャンプーを選ぶ際、特に注意することが洗浄成分です。シャンプーの洗浄力でパーマやカラーの仕上がりが台無しになったり、お客様の頭皮環境を悪くしてしまう恐れがるからです。

 

洗浄成分ラウレル硫酸系は「悪」

特に悪く言われているのはラウリル硫酸系の洗浄成分です。名前を聞いただけではわかりづらいのですが、硫酸というところに注目。これはラウリルという成分を硫酸で精製しているという意味なのです。

 

硫酸は毒性や刺激の強い薬物。それを使って生成しているこの成分は、人の体にはとても刺激が強すぎます。また、ラウレル硫酸などの洗浄成分は浸透性が高く皮膚の奥まで深く入り込み、中にある汚れと一緒に髪に大切な細胞を分解、除去してしまいます。

 

防腐剤はパラベンフリーのものが良い

パラベンフリーという言葉をご存知ですか?パラベンは殺菌力が非常に強く、頭皮の常在菌を根こそぎ除去してしまいます。しかし、その中でもマラセチアという真菌はこの殺菌力に耐えられ頭皮の中にはこれだけが存在するようになります。

 

マラセチアも頭皮の常在菌の一つ、その役割は頭皮を傷つけ皮膚の代謝を促すことです。そして、そのほかの常在菌が一緒にバランスをとっていたから代謝の一部として存在してます。しかし、他の常在菌がいなくなるとマラセチアだけがのこり、頭皮の代謝が過剰に行われ皮膚炎の原因となります。

 

酷くなると脂漏性脱毛症へ発展することもあります。そのことから頭皮に悪影響なパラベンが含まれないシャンプー剤が良いということでパラベンフリーと言われるようになりました。

 

シリコンフリーでなくても大丈夫

シリコンが一概に悪いというわけではありません。髪をコーティングするのにはとても良いものです。体内に取り入れても他細胞と良く馴染みます。ただし、シリコンが悪いと言われるのは、マニキュアなどに使われている分子が大きく染料を含むものや、縮毛矯正などの主にコーティング剤として使われているシリコン。

 

これは紫外線と化学反応を起こすため、肌へ刺激を与える原因になります。シャンプーやトリートメントに含まれるシリコンはそこまで悪ではありません

 

美容師おすすめの無添加シャンプー

【マイナチュレシャンプー】の効果は?レビューと評価

 

シャンプーについての姉妹サイトもおすすめ

ベテラン美容師が選ぶ頭皮トラブル対策におすすめの無添加シャンプー

髪が細くなる原因 内的要因:生活習慣

不健康になってしまうと髪の毛も不健康になる。当然のことですが女性の髪は特に繊細でこれらの影響を受けやすいです。

 

加齢による細毛

加齢

 

歳を重ねると女性ホルモンが減ります。その中にはエストロゲンが含まれ女性の髪と密接なかかわりがあります。エストロゲンが減ってしまうことで頭皮が乾燥したり様々なトラブルがでて髪が痩せ抜け毛が増えます

 

過剰なダイエットによる細毛

日本人のダイエットと言えば食事制限。体の栄養不足が影響して頭皮や髪への栄養は一番後回し。それが細毛や薄毛の原因になります。また自律神経を崩してしまうと血行まで悪くしてしまい、さらに悪循環が続きます。

 

日頃の生活が髪に影響

生活習慣はとても大切です。成人病もほとんどが不規則な生活習慣が影響しています。髪の毛もこの影響を強く受けます。

まとめ

髪の毛が細くならないためにまずできることは、シャンプーの見直しから。長年市販のシャンプーを使い続けているのならば今すぐやめた方が良いです。そのせいで髪が痩せて細くなっているのです。

 

そしてこれから抜け毛の本数が増えてしまい薄毛を発症するもの時間の問題です。すでに地肌が透けてしまい薄毛を発症しているのならば女性用育毛剤による頭皮ケアは必要です。