最終更新日:2017/12/15

ビタミンCは髪の毛が成長するのに必要な必須栄養素

 

ビタミンCは髪の毛が成長するのに必要な必須栄養素

髪が健やかに成長するためには頭皮の健康が大切です。特に皮膚内部にある毛細血管が弱ってしまうと髪の栄養素や酸素などの供給源である血液不足になり、薄毛を発症、悪化させます。髪の毛にとても重要な毛細血管。元はコラーゲンからできており、それが不足してしまうと血行不良になってしまいます。

 

毛細血管は体全体のあらゆるところに存在しますが、髪の毛に直接かかわっているのもほとんど毛細血管です。そして年齢を重ねるごとにダメージを受け弱ります。

 

また髪の毛の最初の核となる繊維芽細胞は毛細血管の血液から栄養素や酸素をもらいコラーゲンを生成します。毛細血管も繊維芽細胞もお互いにコラーゲンが必要な体の機能で持ちつ持たれつの関係にあります。

 

それを正常にしてくれるのがビタミンCなのです。つまり頭皮のビタミンCが不足してしまうと女性の薄毛を発症する確率が高くなります。ですから絶対に欠かせない栄養素の一つです。

 

ビタミンCを使った薄毛治療もある

 

薄毛を発症してビタミンCを頭皮に補給するためにはサプリメントなどから摂取しているだけでは間に合いません。体の内部でビタミンCは各臓器や器官に配られ体の末端にある頭皮にたどり着くころには、ほとんどその成分が薄くなりあまり意味のないものになります。

 

ビタミンCの補給は直接頭皮に塗ったり、注射したりするほうが効果が高いのです。その治療法は最先端の毛髪再生医療でも使われており、主にハーグ療法やメソセラピーでビタミンCなどの栄養素を直接頭皮に注入します。そして高い薄毛改善の効果があります。

 

ただし毛髪再生医療をクリニックで受けた場合数十万から百万単位で費用が掛かってしまうため、ビタミンCの補給が目的で利用するには費用が掛かりすぎてしまいます。

 

ベテラン美容師が調査した「ビタブリッドCヘアー」のレビューはこちら

 

ビタミンC不足による薄毛とトラブル

実際に頭皮のビタミンCが不足してしまうと、細胞の活性や新陳代謝が鈍化していきます。またコラーゲンは毛細血管だけでなく肌バリアの役割や保湿力の向上にも関係します。このことからもビタミンC1つの栄養不足で様々な頭皮トラブルが起きてしまいます。

 

ビタミンC不足で起きる頭皮トラブル

毛細血管縮小による血行不良

ビタミン不足によって毛細血管が収縮、血行不良を招き髪の毛の成長を著しく悪化させてしまいます。

 

新陳代謝がわるくなり細胞の活動が鈍る

髪の成長は細胞分裂を繰り返すことで強く太く長くなります。新陳代謝が悪くなると細胞分裂が鈍くなり髪が成長を止めてしまいます。

 

肌バリア機能の低下、保湿力の低下

保湿力は外部からの紫外線や雑菌の侵入を防ぐ役割があります。こういった抵抗力が低下することで頭皮トラブルが増加します。

ビタミンCは安全で髪の毛にとても必要な成分

ビタミンCは安全で髪の毛にとても必要な成分

ビタミンCは頭皮や髪の毛になくてはならない大切な栄養素となります。水溶性なため副作用が少なく男女問わず薄毛治療として使えるのが最大のメリットであり、必須栄養素です。

 

サプリメントや食事など体内部から摂取することも大切ですが、すでに薄毛を発症してしまっている方は直接頭皮からビタミンCを取り入れることで育毛効果を高めてくれます。

 

最近話題のビタブリッドCは直接頭皮に取り入れるビタミンCです。こういった直接頭皮に使うビタミンCは薄毛を発症している方にはとても必要なものです。

ビタグリットCヘアー

 

ビタミンCは頭皮に必要な成分です。女性用育毛剤などの成分を見ている当たり前すぎてついつい見落としがちな栄養ですが、薄毛改善には間接的にとても重要な成分です。また髪の毛のみならずアンチエイジングケアにも最適なのでぜひビタミンCを取り入れるようにするとよいでしょう。