朝シャンプーするのがいいのか?夜シャンプーしたほうがいいのか?

シャンプー

朝シャンプーするのがいいのか?夜シャンプーしたほうがいいのかお悩みの方も多いでしょう。美容師としては、夜のシャンプーをおすすめしています。

 

そもそも、朝のスタイリングに時間をかけるよりも、夜のケアで次の日の朝のスタイリングは全く違うのです。なぜ、夜シャンプーがおすすめなのか、夜にしておくと朝時短にもなるケアについて解説します。

 

夜シャンプーがおすすめな理由は髪の成長のため

シャンプー

シャンプーの回数は1日1回で夜行えば充分。髪は夜に成長するので、頭皮が汚れたままでは、髪の成長を妨げる事になってしまいます。スタイリング剤や皮脂で汚れたまま寝て、朝シャンプーでいいと思っていた方はやめて下さい。もちろん、そういう状態では枕や布団も汚れてしまい、ニオイが出る場合も。

 

抜け毛や薄毛を気にしているのであれば、シャンプーの後につける育毛剤の効果も違います。汚れたままの頭皮につけても、成分はちゃんと入っていきません。キレイな頭皮につけるからこそ意味があるといえます。さらに、夜シャンプーして、朝シャンプーもやめましょう。

 

2度のシャンプーで昼過ぎには頭皮がベトベト

 

1日に2度もシャンプーをすると、皮膚常在菌が洗い流され、皮膚常在菌がいなくなった頭皮は、汗、皮脂を分解する機能を失い、頭皮上でこの汗や皮脂が腐り、匂いやかゆみの原因をつくっています。

 

またシャンプーで頭皮の脂が洗い流されているので脳は、頭皮に油を補給しようと過剰に油を出し、頭皮を油でベトベトにします。朝洗ったばっかりなのに、昼過ぎには頭皮がベトベトで匂いを発するのはそのためです。

 

どうしても2度のシャンプーをしたいというならば、洗浄力が弱く、刺激成分が少ないシャンプーを購入することをおすすめします。

 

抜け毛や薄毛対策でおすすめしたいシャンプーを紹介しています。

シャンプーの選び方

 

朝シャンプーで頭皮のバリアが不足します

 

朝シャンプーのデメリットは、皮脂が不足する事にあります。皮脂は肌を守ってくれているものなので、夜シャンプーを行えば、朝には頭皮を守るベールのように皮脂が行き渡っています。

 

皮脂が少ない頭皮はとても無防備な状態なので、紫外線の刺激も受けやすい状態です。夏場の暑い季節は特に、朝シャンプー派の方は日傘やUVスプレーなどを利用して頭皮への刺激を避けましょう。育毛剤をお持ちならば、バリア機能として朝から頭皮に付けるのもおすすめです。

夜のケアで朝のスタイリングを楽に

朝から髪がうまくまとまらない、寝癖が気になるからという理由で朝シャンプー派の方は、夜のメンテナンスをすれば朝シャンプーが必要でなくなります。夜の少しの手間で、朝のスタイリングが変化するので、コツを見ていきましょう。

 

夜シャンプーのあとすぐに髪を乾かす

 

髪をドライヤーで乾かすと痛むように感じますが、じつは濡れていても髪にはダメージがあります。そして、髪は摩擦に弱いので、タオルでゴシゴシとやるだけで傷んでしまいます。

 

髪を乾かす時は、タオルでトントンと押さえて水分を取りましょう。そして、ドライヤーで髪の内側を温風で乾かし、表面の毛を冷風で乾かします。内側のクセが強い部分が落ち着いてくるので、次の日もキレイになりますよ。

 

キューティクルに添って乾かす

 

シャンプー

髪を乾かす時のドライヤーは、頭のてっぺんから下へという流れがおすすめです。キューティクルは、うろこ状に並んでいるため、下から上へと乾かすと、キューティクルが傷んでしまいます。

 

最後にドライヤーの冷風を当てるのは、キューティクルを締める効果があり、髪をつやつやに保つ事ができます。

 

雨の日の対策は夜のトリートメントが重要

 

雨の日はうねりやクセが気になりますね。湿気が多い時期は、髪に水分が出たり入ったりするので、髪の形はコロコロと変化してしまいます。

 

髪の中に水分が入らないように、髪をコーティングすると湿気が多くても平気です。夜シャンプーをして、トリートメントがおすすめです。美容室で行うトリートメントは、コーティングのチカラが強いものもあるので、この時期に利用すると朝の時短になります。

 

 

美容師

 

髪のクセやうねりなどが気になる方は、美容師に相談しましょう。相談して頂ければ、「こういうケアをして下さい」「こんな髪型ならセットも簡単ですよ」というアドバイスができます。

 

そして、薄毛や抜け毛などが気になる時に相談して下さい。髪や頭皮のプロとして、気付いた事を伝える事もできます。


 

関連記事:抜け毛が気になって美容室にいけない|美容師に相談しよう

女の印象は髪が重要

美容師として様々なお客様の相手をするなかで、50代でも30代にしか見えない方や、娘さんと姉妹のような方がいます。そういう方の共通して言える事は、髪のボリュームがある事と、髪にツヤがあること。そして、髪のメンテナンスに時間をかけている事がわかります。

 

1〜2ヶ月に1度は美容室でカットはもちろん、ヘッドスパをしたり、白髪を染めたり。そういう方は、美意識が高い事と、人の見た目が髪で左右されることを知っています。

 

40代になると、抜け毛や薄毛を気にする方が増えますが、これまでの髪の扱い方や頭皮へのストレスなどが一気に表面化する時期です。ここからのメンテナンスが、それから10年後の自分を作っていきます。早めに髪や頭皮のメンテナンスについて知ることが大切です。

 

関連記事:薄毛対策での正しいシャンプーの方法と頭皮ケアのコツ